ストレッチ:加圧トレーニングについて

最近テレビや雑誌等多くのメディアで取り上げられて居るのが「加圧トレーニング」と言うトレーニング方法です。どういうものかと言うと文字通りの事で圧力を加えた状態でトレーニングをすると言う方法に成ります。圧力を加える場所は腕や脚の付け根部分で、そこに適度な圧力を加えて血流を制限してトレーニングをおこな居ます。トレーニングがやりにくいんじゃ無いかと言う様にかんがえる方も居るとは思居ますが、この状態でトレーニングをする事によりトレーニング自体の負荷が少なくても効果を充分に得る事が出来ると言う事に成ります。

この加圧トレーニングのポイントはまさに「適正」に加圧をする所に有ります。適正に圧を加えるので血流が止まってしまう事は有りませんので安心してくださいね。

では血流を制限する事によってどういう状態に成るのかと言うと、血流を制限すると脚や腕に血液が溜まっていきますよね。その溜まった血液は行き場が無くなってしま居ますので今迄行った事も無い様な場所に血液が流れ込むように成ります。これはキツイトレーニングをした時と同じ状態に成る様ですので少無い負荷でトレーニングをしても、大きい負荷をかけた状態と同じ効果を得る事が出来ると言う事に成ります。

更に加圧トレーニングには効果があって、脂肪を燃焼する力、肌の弾力をキープさせる力が有りますので成長ホルモンが増大して分泌される様に成ると言う訳です。この加圧状態を解放した後は血行も良く成りますので、冷え性の方や肩凝りの方に取っても緩和に繋がります。

【PR】
スピード ストレッチ プログラムの内容を公開しちゃいます