吃音・どもり克服:話し方の本の選び方

話し方について勉強したいと思ったとき、やはり一番手軽にはじめることが出来るのは、本から知識を得ると言うことですよね。

話し方教室等は、さすがに本を読むより効果が高そうですが、その分費用もかかりますし、決まった時間に教室へ通わなければなら無い等拘束される分、気軽にはじめると言うには少し敷居が高い感じもします。

話し方を扱って居る本は、実にたくさん有ります。
どういった話し方が好かれるか等、思想に重点をおいた本。
発声方法等、技術的なことを紹介して居る本。
接客やビジネストーク等に重点を置いた本等等、あまりに種類がありすぎて、何を選んだら良いのかわから無いほどです。

だけど、これだけたくさんの本が有ると、自分のニーズにあった本はどれなのか、解らなくなってしま居ますよね。
タイトル等でおおよその判断はつきます。
だけど、「頭が良い人、悪い人の話し方」等のように、タイトルはハウツー本のように見えても、実は頭の悪い話し方に重点を置いたエッセイに近い本だったなんてことも有ります。
「頭が良い人、悪い人の話し方」はベストセラーですので、評判も耳に入ってきやすいでしょうが、そんな本ばかりでは有りません。

そんな時に有効活用したいのがamazon(amazon)です。
国内最大級の通販サイトで有るamazon(amazon)では、人の出入りも多いため、たくさんのレビューがかかれて居ます。
宣伝では無い、生の読者の声を知ることが出来るので、本を選ぶ指標としては最適だと思居ます。

折角本を読むのですから、こういった情報も活用して、自分にあった本を選びたいものですよね。

【PR】
【M.R.M】吃音(どもり)・完全克服プログラム
自宅で吃音を根本から改善プログラム
吃音改善プログラム