英語勉強法:英語習得は英文法の勉強では有りません

小中学校の授業として習い始める英語の授業は大抵英文法を習う所から始まると思居ます。日本では其れが英語の基礎だとかんがえられて居るからだとおもうのです。だけど授業を受けてみておもうのは、英文法をいくら頑張って勉強した所で、英語のちょっとした知識がつく程度で、英会話がペラペラ話せる訳じゃ無いし英語を取得した事にはなら無いとおもうのです。日本の若い世代の言葉を聞いていても文法がめちゃくちゃで大人には理解し難い言葉で話して居ますよね。でも同じ世代の子達とは意志疎通が出来て居るのですから、其れは言葉として成立して居る事に成ります。こうかんがえると、英語だって英文法だけじゃ無いと言う事がよくお分かりに成るかと思居ます。

英語を知識として少し持つ為には、参考書を一冊やってみると良いかもしれません。其れだけではもちろん習得出来るはずも無いので、根詰めてやる必要も無いと思居ますよ。そしてヒアリングとリーディングの勉強をしていき知識をつけていく様にする。そしてまた参考書なんかをちょこちょことやっていくと言う気楽な習得方法で良いと思居ます。あまりガッチリ気合い入れてやると、嫌気がさしてしまうかもしれませんよ。英語は勉強では有りません。とにかく繰り返して続けてやる事、英語に慣れる事がたいせつなのです。そのなかで自然と英文法も身についてくるのでは無いかとおもうのです。そうした気楽な心構えの方が楽しめて英語が習得出来る様に成ると思居ますよ。

【PR】
網野智世子